ホーム|中村眼科|新小岩駅の眼科

〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2-35-5
03-5607-3414

「なぜこの治療を受けるのか」「なぜこの薬を使用するのか」など

「なぜ」がわかる診療を心掛けています

12:30~20:00 /(※)

休診日:火曜、金曜、日曜、祝祭日

散瞳検査を要する方は19:30までにお越しください。
コンタクトレンズ処方をご希望の方は、診療内容「コンタクトレンズ処方・相談」のページをご覧ください。

※火曜日は手術日です。

新小岩駅徒歩5分 予約不要夜20時まで診療 駐車スペース2台分あり

ホーム|中村眼科|新小岩駅の眼科

新小岩駅徒歩5分 予約不要夜20時まで診療 駐車スペース2台分あり
 
12:30~20:00 /(※)

休診日:火曜、金曜、日曜、祝祭日

散瞳検査を要する方は19:30までにお越しください。
コンタクトレンズ処方をご希望の方は、診療内容「コンタクトレンズ処方・相談」のページをご覧ください。

※火曜日は手術日です。

お知らせ

    • 2022.04.28
    • お知らせ

    ゴールデンウィーク期間中の診察について

    4月30日(土)、5月2日(月)、7日(土)は、通常どおり、12時30分~20時まで診察いたします。

    • 2022.02.08
    • お知らせ

    眼科入口周辺の改修工事について

    本年3月4日(金)まで、眼科入口周辺の改修工事を行っています。
    工事期間中の診察日時は、通常どおり(月水木土(祝祭日は除く)12時30分~20時)です。
    迂回通路をご利用いただく場合もありますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

    なお、玄関アーチ周辺の「中村眼科」の看板をはずして作業しています。
    当院に初めて来院される患者様等におかれましては、隣地の「中村医院」の看板及び眼科前の移動式立て看板を目印にお越しくださいませ。

    • 2022.02.01
    • お知らせ

    新型コロナウイルス感染症について

    来院患者様におかれましては、来院前の検温、マスク着用、手洗い、手指消毒等、感染防止のため、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。
    当院では新型コロナウイルス感染症の診察は行っておりません。下記の症状がある方は、「東京都発熱相談センター」に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、お願いいたします。

    息苦しさ、倦怠感、発熱や喉の痛み等の症状
    高齢の方や基礎疾患のある方で比較的軽い風邪症状
    発熱や咳等の比較的軽い風邪が続いている

    【東京都発熱相談センター】TEL:03-5320-4592(24時間対応)

大学医学部での指導経験がある医師による診察・手術

大学医学部での指導経験がある医師による診察・手術

慶應義塾大学医学部専任講師として、医学部生及び若手医師の指導経験を持つ院長が、患者様の「見える」をサポートいたします。
診察から手術まで全て院長が担当し、必要に応じて、慶應義塾大学病院の他、近隣の大学病院、基幹病院等と連携をとりながら治療を行います。

視能訓練士 常駐

眼科領域の総合診療

角膜炎や結膜炎等の日常の目のトラブルから、神経、外傷・形成、白内障や斜視の手術まで、幅広く対応しています。

視能訓練士が在籍しており、高度な技術を要する複雑な検査や小さなお子様の検査にも対応が可能です。

通院の利便性

通院の利便性

新小岩駅南口より徒歩5分、夜20時まで診療しています。
閑静な住宅街に位置しており、周辺環境が良く、お子様から年配の方まで、安心して通院いただきやすい環境です。
駐車スペースも2台分ご用意しております。

英語診療可能

英語診療可能

日本語が苦手な方への英語での診療も可能です。

診療内容

一般眼科・小児眼科

一般眼科・小児眼科

日帰り手術

日帰り手術

レーザー治療

レーザー治療

コンタクト処方・相談

コンタクト処方・相談

院長挨拶

院長 中村 裕

院長 中村 裕

「中村眼科」のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

「目は口ほどに、モノを言う」とか「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、視覚は人間が持っている、いわゆる五感の中で圧倒的に情報量が多い感覚・器官です。
我々は活字やコンピューターをはじめ、視覚からの情報を抜きに生きていけません。

私は、慶應義塾大学病院在勤中に、生まれ育った葛飾区新小岩の地で眼科クリニックを創設し、令和3年9月、開業30年を迎えました。今後も、患者様の目の健康を第一に考え、日々の診療、手術を通して、治療に励んで参ります。
「中村眼科に来てよかった」と思っていただける患者様にお目にかかれますよう、今後も粉骨砕身、努力尽力いたします。